スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
こたつ布団のオーダー

こたつ布団のオーダー

こたつ布団 オーダーをしてくれる業者さんで、手作りの布団屋さんは、「ふとんのつたや」です。綿100%のこたつ布団で、市販のこたつ布団よりも厚手で、省エネになります。

こたつ布団の販売

こたつ布団 販売をしている「ふとんのつたや」さんですが、カバーも手作りしてくれます。生地の持ち込みも可能なので、お好きな柄で、希望通りのカバーを作成してもらえます。

| comments(1) | trackbacks(0) |
長座布団
仕事柄、いつも検索エンジンのクエリを管理しているのですが、最近では、「長座布団」のクエリが増えてきています。

クエリとは、「問い合わせ」のような意味で、検索エンジンに書き込むキーワードのことを指します。

家にいるときに、長座布団でゴロ寝をする人が、増えてきたことの現れです。ちなみに、長座布団で寝るときに、ピッタリの掛け布団は、いんなあケットです。

更に、ちなみに、長座布団を作ってくれるメーカーを探しているときは、検索キーワード「長座布団」で探すことも手なのですが、「座布団 オーダー」で探すことも手の一つです。
| comments(0) | trackbacks(0) |
インドで、オーガニックコットンの生産
アメリカ綿に押されて、インド綿生産者の自殺者が相次いでいると、新聞でも取り上げられているが、少し明るいニュースもある。

今年5月の記事であるが、インド綿生産者が、オーガニックコットンを生産するようになってから、殺虫剤や肥料の購入で借金をしなくても良くなり、生活が楽になるとのこと。

MyNewsJapan コットンの花は黄色かった オーガニックコットンを求めてインドへ

布団屋さん必読の記事です。
| comments(0) | trackbacks(0) |
国産だけ絞った綿実油作りたい
あけまして、おめでとうございます。
本年も、「おふとんの人」を、宜しくお願い致します。

さて、本年最初の布団業界ニュースは、「国産だけ絞った綿実油作りたい」です。

皆様、綿実油ってご存じでしょうか?
綿実油(めんじつゆ)とは、ワタの種子を圧搾して出てきた油のことです。国内でも、綿の生産が盛んに行われていた時代には、天ぷら油として最適であると言われ、料亭などで使われてきた油ですが、綿の輸入量増大とともに、綿実油の生産量も減ってきました。

そのような国内産の綿実油を、復活させたいということで、一人の女性が立ち上がった感動の物語です。

http://www.asahi.com/food/news/TKY200712270185.html

どうか、空いている畑がございましたら、ご協力下さい。
| comments(0) | trackbacks(0) |
羽毛の値段
羽毛布団の価格が値上がりをしているというのは、周知の通りだと思いますが、この羽毛の値段の上昇は、原油価格の上昇以前からございました。

ところが、最近の原油価格上昇に伴い、更に値段を上げて、「原油価格が上がったから」と言い訳されても、当然です。

裏事情を見てみますと、最近では、世界的な風潮として、「ブランドを大切にする!」という流れがございます。

今までの羽毛は、いろいろな国から、いったん中国に入り、アジア各地に流れていましたので、多くの中国企業は、中国製品を混ぜて、値段を下げて販売していました。

当然ながら、ある産地の原料を50%以上含有されていれば、その産地を名乗ることができるのです。例えば、「ポーランド産50%」「中国産50%」だとしても、「ポーランド産である!」と言っても、良いのです。

そして、羽毛の品質も、羽毛布団になってしまったら、中身を確認できないので、素人には、まず分かりません。

最近では、原産国が自国のブランドを守るために、「そのようなことをしては、ダメ!」と言い出して、原産国100%の羽毛が、出回ってきました。

このことも、羽毛の値段が上がる要因の一つです。このことを暴露しますと、消費者から「今まで、混ぜものを売っていたんか?」と言われるので、原油価格上昇を理由にすることで、一部の業者にとっては、良い言い訳が出てきたものだと、思っていることでしょう。


型番で検索

型番で検索
| comments(0) | trackbacks(0) |
このシーズンのニーズ
このシーズの、お客様のニーズは、何だと思いますか?

おそらく、「こたつ布団」と答えられる方が多いと思いますが、実は、こたつ布団のピークは、過ぎてしまいました。

正解は、「子供用座布団」です。
おそらく、学校に持って行くためのものだと思います。

私が小学生の頃は、座布団を浸かっている生徒は、40人以上のクラスだったのですが、5人程度でした。学校指定のズボンは、冬でも半ズボンで、座布団を使ったことのない生徒でしたので、歯をガチガチ言わせながら、授業を受けていました^^;

もう一つのニーズは、ソファーベッドです。特に一人暮らしの人は、あったら便利です。飲みに来た友達を、そのまま「寝て帰れ」ってことが、多いですし^^;

それにしましても、最近のソファーベッドって、おしゃれで、機能的になってきましたよね。


ソファーベッド Sofa×Bed Style

ソファーベッド Sofa×Bed Style
| comments(0) | trackbacks(0) |