スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
お茶漬けの道
JUGEMテーマ:くだらない話
 
著者 「今日は梅干しのお茶漬けを食べます。」

O 「はいどうぞ。」

著者 「ありがとう。お茶はしっかりとした掛川のお茶。そして紀州の肉厚な梅干しを使います。」

O 「本格的ですね。」

著者 「そして、このようにしてお茶を入れて、そして梅干しをのせます。」

O 「きちんと作法があるのですね。」

著者 「そうです。お茶漬けにムダはありません!」

O 「なるほど!」

著者 「唯一のムダと言えば、食べ過ぎてしまうということだけです。」

O 「それは一番のムダですね。」

昼休みのお茶漬け話でした。ご飯の道は、最終的にはお茶漬けの道にたどり着くということです。
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://ofutonnohito.jugem.jp/trackback/382